「ワークアウェイ(Workaway)とは何?」ホストの決め方を紹介

スポンサーリンク

2018年のクリスマスからお正月にかけて、子どもたちと一緒にワークアウェイをしました。今回で2回目のワークアウェイはクアラルンプールの空港から4時間位離れたところにある小さな村です。

親しい友人のように感じている今回のホスト家族を見つけるまでの流れをお伝えします。「ワークアウェイとは何だろう?」と思っているワークアウェイ初心者にもわかるように、公式サイトにあるホストリストの検索の仕方をお伝えします。

 

 

ランブータン

 

スポンサーリンク

ホストの人柄で選んだマレーシアのワークアウェイ

 

便利な世の中になったこともあり、どこかに旅に出たりする場合にも直前の情報収集やチケット、宿の予約でもなんとかなるようになっています。海外の宿であってもネット環境さえあれば、当日の予約も問題ありません。

そんな風に多くのことが間近でもできるようになると、もともとずぼら気のある私のような性格の持ち主は、早めに物事を進めることをせずにギリギリになってようやく動き出すようになります。少し前までは、3日前までには宿を決めていたのが、2日前になり、最近では当日空港でその日の宿を検索して予約をするように、どんどん怠慢?になっていきます。笑

 

ありがたいことに順応性の高い子どもたちは、私のギリギリぶりをかなり受け入れて?くれています。

そんなのんびりしてしまう状況が当たり前になってしまい、今回のホスト先を決めるのも出発直前でした。

「ワークアウェイとは?」と思っている人は公式サイトを開いてみてください

 

ホスト先を決めてから飛行機のチケットを買おうと思っていたので、ワークアウェイ先が決まらないということはチケットも買えないということでした。本当はスリランカに行って、ココナッツミルクたっぷりのご飯が食べたかったのです。

でも、待てども待てどもチケットは安くならず、スリランカはあきらめました。その次に候補に上げたタイは、ホストから返信が全く届かず、断念。ワークアウェイを予定していた日にちは、かなり目の前に迫り、飛行機代もあまりかからないマレーシアにターゲットを絞りました。

 

マレーシアには、ワークアウェイのホスト先が255カ所もあります。この中から「行ってみたい!」と思えるホストを探します。ホストの検索はワークアウェイに登録しなくてもできます。

「ワークアウェイとは何?」と思っている人は、ぜひ公式サイトを開いてみてください。どんなホストが世界中にいるのかがわかります。

Host List

 

国や地域を指定して検索することもできますし、世界中にある3万8千以上あるホスト(Anywhere)から探していくこも可能です。ひとつひとつのホストの詳細を全部読んでいたら、ワークアウェイへの出発が遅くなってしまいます。

 

たとえ世界中のホストを対象に探す場合でも、フィルターに掛けられるので、滞在してみたいホスト先が見つけやすくなります。

Workawayの公式サイトから実際にインドのホストを探してみると

 

私がホスト先を見つけるときには、行ってみたいと思う国をまず決めています。たとえばインドに行ってみようと思ったときには、『アジア』から『インド』を探します。
インドには500以上のホスト先があるようですが、インドは広いためか地域を限定することもできます。

地域はよくわからないので、インド全体から探すことにして『internet access』、『pets』と『only host not asking for a fee』の3つに印をつけると約半分の280に減ります。

 

これでもまだ果てしなく多いので、『Number of Workawayers accepted』を『more than two』にすると181ホストに。ボランティアを急募している意味にあたる『』にチェックをすると、10カ所にまで減ります!

インドのワークアウェイは人気でボランティアがたくさん行っているということなのでしょうか?すぐにボランティアに来てほしいと思っているホストが少ないです。

 

一度付けたチェック項目はあとから外すこともできるので、気軽に試してみてください。

 

どんなホスト先に滞在をしたいのか?

ワークアウェイはWWOOFとは違い、ホストがしている仕事や暮らしはさまざまです。WWOOFの場合には、ホスト先はたいていオーガニック農場や酪農、農園レストランなどを経営しています。

 

Workawayは『オーガクニック』のくくりもない上に、職業もホストによって大きく異なります。B&Bを経営していたり、地元での観光案内所、会社勤めをしている人が子供に英語や日本語を教えてもらいたいためにWorkawayに参加をしていることあります。

先程の10カ所に絞ったインドでのホストの詳細を見てみましょう。

「どんな暮らしをしているホストなのか」、「ボランティアで滞在したらどんなお手伝いをするのか」などなどの詳しい情報がのっています。受け入れている月、もうすでにいっぱいの月がすぐにわかりますので、予定している日程と照らし合わせてください。

 

ここまではWorkawayに登録しないでもできます。

 

希望のホストが見つかったら、メッセージのやり取りをします。この先へ進むには登録が必要です。

今回の決め手はホストの笑顔

今回はインドは候補に入っていませんでしたが、同じようにマレーシアでホスト先を探しました。フィルターを変えながら何度かホスト先を探してみても、「ここだ!」と思えるホスト先に出会えませんでした。

もしかして場所がマレーシアでないのでは?と思いもしたのですが、日付が迫っていることもあり、今までとは違った探し方でホストを見つけていくことにしました。

それはホストの人柄?です。

 

会わないのに人柄を知ることは難しいですので、掲載している写真とフィードバックの内容に重点をおきました。するとすぐに見つかったのが、今回のホスト先でした。

急の連絡にもかかわらず、とても丁寧な返信をもらえました。多くの人がフィードバックでホスト家族ですごした時間がかけがえのないものであることが書かれていて、その大きな理由に彼らの人柄があげられています。

 

リストに掲載されている写真の笑顔が多くのことを物語っていました。

 

写真の笑顔そのもののホスト家族

クアラルンプールについたのがほぼ夜中でしたので、その日は空港から遠くないところに宿を取りました。空港泊は子どもたちがかなり乗り気ではなく、断念。

翌朝最寄りの駅まで電車に乗って、目的地のある村まで出ているバスに乗りました。バス乗り場はかなりローカルな雰囲気で、観光客はぐんと減ります。バスに乗り込むと、外国人と思われるのは私たちだけになります。

 

 

バス乗り場から想像するよりもバスは新しくて、乗り心地はとても良かったです。

 

 

2時間ほどで着く予定だったのですが、ちょうど混雑する時間にあたり30分以上遅れて目的地に到着しました。村の中にあるバス停で降りると、モロッコから来ているボランティアの男の子とアメリカ人の男の子がホスト家族の親戚と一緒に迎えに来てくれていました。

 

この日から家族の一員のような時間をすごします。家の敷地にはランブータンの実が赤く色づき、すぐ側には静かな池が広がっています。

 

色とりどりのランブータン

 

今回のホスト先では、『ボランティア』に当たる作業はほとんどありませんでした。自由に時間をすごし、美味しいご飯を食べ、ほかのボランティアたちとおしゃべりを楽しんでゆったりとした時を堪能しました。

 

田舎にある親戚の家を訪ねたような体験を次のページで紹介します。

【Workawayマレーシア編】異国文化の体験!宗教上の注意点など
子供と一緒に2回目のワークアウェイに行ってきました。場所はクアラルンプールから電車とバスを乗り継いで、2時間ほど。ホスト家族がイスラム教徒だったことから、宗教上の注意点をお伝えします。Workawayとカウチサーフィンの違いなども紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました