バリ島の人気観光地クタで両替をするときの注意点とバイキング情報

スポンサーリンク

今日はバリに観光に来る外国人に人気の街、クタの紹介をします。クタでの短い滞在期間中で感じたウブドとの違いなどを紹介します。クタで両替をするときの注意点は、他の国で両替をするときにも役に立つと思いますので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ウブドとは大きく違うクタの両替所とバイキング情報

 

インドネシアにあるバリ島南部の街、クタに来ました。バリと言えば空港よりも北にあるウブド周辺にばかりにいますので、ウブドよりも賑やかな南の賑やかなエリアにはほとんど縁がありませんでした。

というよりは、行こうと思ったことがなかったほうが近いですね。

私個人的には、「海派ではない」こと「観光観光している場所があまり好きではない」ことが理由です。

 

今回のクタの目的はバイキング。
久々に大きく目覚めた食欲です。

友人がクタに泊まって海を楽しみにながら、夕食はバイキングに行く予定と話していたのを聞いてものすごく行きたくなり、1泊便乗していってきました。

 

ウブドからクタまでの交通手段

 

滞在中のウブド周辺からは、アプリでタクシーを呼びます。
アプリでタクシーを探すと、今回はすぐに見つかりました。

バリ島内の詳しいタクシー情報や交通手段は別のページを参考にしてください。

バリ島の交通手段!格安で安心して乗れるのは?タクシーや公共バスの詳細
バリ島観光を予定している人に交通手段の詳細をお伝えします。空港と街中を格安に移動する方法をケースごとに紹介しています。アプリタクシーやメータータクシー(ブルーバード)、バリ人御用達のベモ、30円で空港まで行かれるサルバギタなど体験談を通してまとめています!参考にしてくださいね。

 

時間帯や場所によっては、なかなか見つからないこともあります。見つかってもキャンセルされることも。

 

すぐに見つかった運転手さんから連絡が来て、「30万ルピアなら行くよ。(2500円位)」ということでした。たぶん、流しのタクシーさんならこのくらいが妥当だと思いますが、やはりちょっと高いので、そのタクシーはキャンセルします。

またすぐにタクシーが見つかり、今回は料金のメッセージが届きませんでしたので、正規料金で行ってくれることになります。
正規料金は10万ルピアちょっと。始めの運転手さんの3分の1です。

でも、これではやはり安すぎる気もするので、アプリでタクシーをお願いしたりバイクに乗せてもらったりするときには、ポイントなどを加えてプラスで料金を払うようにしています。

このプラスされた料金は、直接運転手さん直接行くので、良いシステムだと思います。

バリ島クタはサーフィン初心者におすすめの海

初めて行ってみたクタはまぁ、やはり観光地だなぁと。
いたるところにお土産屋さんがあって、おしゃれなカフェや食べ物屋さんがたくさん。

ウブドの中心地をもっと大きくした感じです。

そうそうクタはもちろん海が有名なのですが、「サーフィンを始めるようと思った人はクタから始める」と言われています。周りの海に比べて波が穏やかなので、子供でもクタなら始めやすのがその理由です。

ちょっとサーフィンができる大人が一緒なら、教えることもできます。ボードをレンタルするところで、サーフィンを教えてくれるところもありますので、雰囲気や値段を見ながらお店を何軒か回ってみるのもいいかもしれません。

 

ただ、季節によってはゴミがたくさんになり、サーフィンどころではなくなるようですので、気をつけてください。

 

レートの良すぎるクタの両替所に注意!

 

バリ島全体に言えることなのかもしれません。
最近ものすごく、両替所が増えています。

観光客が増えて需要があることが前提だと思うのですが、「こんなローカルなところまで!」とびっくりするような場所にも新しく両替所ができています。

 

外国にいるときには、やっぱりレートは意識します。
最近わかったポイントをお伝えしますので、バリだけではなく海外へ行く人はちょっと意識してみてくださいね。

海外でお得に両替するコツ

少しでも高いレートで両替をしたくて、両替所の前を通るときには表示されている看板を見る習慣がついています。何回もレートを見ているうちに、法則?のようなものがあることに気が付きました。

ちょっと意識するだけでお得に両替できますから、ぜひ参考にしてくださいね。

 

・同じ1日でも、時間帯によってレートが変わる

これはちょこちょこ書かれている看板や電光掲示場を見て気がついたのですが、朝と夕方はレートが悪くなります。

たとえば、日中は1円が128ルピアだったのが、夕方になると1円127.75とかに下がります。3時までは128だったものが4時には127.50になりますので、たくさん両替したいときには、だんぜん日中がおすすめです。

 

・週末や長期のお休み前はレートが悪い

同じように、金曜日まで良かったレートが土曜日や日曜日には終日レートが下がったままです。もちろん、大元の日本円が弱くなっていれば、月曜日になってもレートは回復しません。

円自体が下がっていなければ、月曜日になれば週末よりレートは良くなります。

 

インドネシアではイスラム教徒が多く、ラマダン明けのお祝いを盛大にします。学校や大使館、領事館も1週間以上お休みです。2019年も6月1日~9日までお休みです。

ビザの延長をしようと思ってもできません!お休みが2,3日ではないから、かなり要注意です!

ラマダンは通常ひと月くらいあり(2019年は5月6日から6月7日)、太陽が出ているときには食事をしません。そのため、ラマダン期間中は夕方になると出店がたくさん出ます。暗くなってからの食事をお祝いするのでしょうか。

甘いおやつ系が多く、ご飯をいつものように食べているにも関わらず、何度が買ったことがあります。

公の機関がお休みになるのは、ラマダン期間中ではなくラマダンが終わってからです(終わる頃?)。『イドゥル・フィトリ』と言われ、家族や親戚が大勢集まってお祝いをします。

毎年ラマダンが始まる日にちは11日?早くなるようです。2020年のラマダンは4月24日から5月23日までです。2020年も5月22日頃から、公共機関が1週間おやすみになると思います。

 

ラマダン明けのお休み期間中もレートは1週間近く下がったままです。親切な両替所では、お休み前に両替することをすすめるお知らせが貼り出されます。ラマダン明けのお祝い期間中にレートが良くなることはほとんどないからです。

なので、海外旅行中にお金を両替するときの注意点は2点。

 

その国の長期お休みを意識すること
平日の日中に両替するようにすること

 

がポイントです。

 

バリ島クタの両替所で注意すること

 

クタについてスグにおどろいたのは、ウブドと比較してレートが大きく違うことです。

最近日本円がまた強くなり、1円130ルピアくらいまで上がってきました。少し前までは、127円くらいで落ち着いていましたので、日本円からインドネシアルピアに替えるときには、嬉しいレートです。

130ルピアで喜んでいたレートがクタでは、134や135で表示されています。同じ島でも、場所が違うとレートが違うことはよくありますし、同じ通りでも両替所によってレートは違いますので、数軒チェックしてから両替することを決めましょう。

 

レートの違いはよくあることなのでクタのレートの良さに、はじめは素直に「すごい!」と感じました。「クタは違うなぁ」と。
ところが、レートがあまりにも良すぎる両替所には危ない可能性があるので気をつけてください。

 

 

・135.99とかの『99』を表示しているお店に注意

日本円に限らず、数字の最後が『99』ばかりで終わっているお店がたくさんあります。
バリに来たばかりの人はクタのレートが他の場所と比べて、ものすごく高いことに気が付かないかもしれません。『99』で終わっていることも不自然に感じないでしょう。

実はこの『99』があることで、お店の人がインドネシアルピアを目の前で数えた後に、「1円返してくれ」と言われるようです。予期せぬことを言われ、お財布の中を確認している間に、数えた後のルピアを減らされます。

私はクタで買い物をするつもりもなく、必要なお金は持っていたので両替はしませんでした。一緒に行った友人があやうく『だまされる』ところでした。

・税金を払えと言われる

「No Commision」と書いてある両替所があります。この場合には手数料は取りませんというところです。あとは「Authorised」もよく見かけますが、許可を得ているという感じです。

 

No ComissionとAuthorisedのふたつが揃っていても、安心できません。両替したルピアを数えた後に、「税金を支払え」と言われることがあるようです。友人は10%と言われました。

 

あまりにもレートが高いところは一見「ラッキー」と思えるかもしれませんが、注意してください。なんとなく怪しいところは避けることが基本でしょう。

 

お金を渡す前に事前にタックスがかかるのを確認する
ひとりではなく誰かと一緒に両替所に入って、しっかりお店の人の様子を見る
お財布にしまう前に最終的に自分で数える

 

などの対策をしてください。
大切なので、赤字にしました。

 

クタには不思議なくらい『.99』で終わる両替所があっちにもこっちにもあります。こういう出来事も旅の思い出といえば思い出ですが、残念なと言うかあとあじの悪い思い出は少ないほうがいいですよね。

 

 

もちろん、平均的なレートで良心的に両替をしているところもありますので、大体のレートを事前に確認するなど、初めての場所では情報収集もしておきましょう。

 

クタのバイキング『スカイガーデン(Sky Garden)』

 

久々のバイキング、とっても楽しみにしていました。
友人が以前に行って食べ物も飲み物もたくさんあって、とっても良かったというお店スカイガーデン。

子供たちも久々のバイキングにウキウキしていました。

公式サイトが見つかりませんでしたので、トリップアドバイザーのアドレスを貼っておきますので、参考にしてください。すっかり写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。とほ

2023年 スカイガーデン - 行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー
スカイガーデン(クタ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(572件)、写真(216枚)、地図をチェック!スカイガーデンはクタで60位(60件中)の観光名所です。

 

ところがお店の前に行ってみて看板を見ると、料金が違っていました。制限時間が4時間で9時からが料金が上がると思っていたのです。なので、早めに行って9時にはお店を出る予定でした。

 

ところが実際には5時からは高く129万ルピアで、7時からが99万ルピアでした。

 

7時まではまだ1時間半もあります。どうしようかとお店の前で考えていると、ガードマンの人?が子供は入れないというのです。

 

「え?子供は入れない!」

よくよく話を聞いてみると以前は子供も入れたのですが、2カ月前から18歳以上でないと入店できないことになったそうです。

ええ!入れないことに決まっているのなら仕方がないのですが、クタは全く未知の世界。お腹を空かした私たちはこれからどうしたらいいのかと、途方に暮れかけました。

この辺はよく知らなので、おすすめのレストランや同じようにバイキングをしているお店はないかガードマンさんに尋ねました。するとすぐ側に『Lexxy』というお店があるから、と教えてくれました。

 

同じくトリップアドバイザーのページを貼っておきます。

LXXY Bali (Kuta) - All You Need to Know BEFORE You Go

 

行ってみると、子供も入れてひとり99万ルピア。内容はわからなかったのですが、まぁ選択肢がなくとりあえず、入店しました。

お店の内容は、むむむむむという感じです。

飲むために入るのならアリだと思います。ビールもほかの飲み物も充実している感じでした。ただ、食べ物となるとちょっと残念な感じです。

店員さんは一生懸命で、無料で使えるロッカーもあり、入りませんでしたがプールもあります。お店に入るときにはセキュリティチェックもしています。

まぁ、大人だけで少しの食べ物で飲みたい人にはおすすめかと。あと、静かな空間で食べたり飲んだりする人向きではありません。
音楽が結構ボリュームがあり、大画面で機械的な映像がずっと流れているので、私は落ち着きませんでした。笑

 

バイキング目当てに行った初めてのクタの体験です。これからクタに行かれる人の役に立てればと思っています。

 

気になるのはクタにウェンディーズがあったことです。私はここのフロスティが大好きです。私がウェンディーズを発見したときには、すでにお腹ははちきれるほどの状態でした。(なんだかんだ言いながら、たくさん食べました。)

 

以前にクアラルンプールでウェンディーズのフロスティを食べた時には、1リンギットでものすごく感動したのを覚えています。その後クアラルンプールの空港内にも2カ所あったのですが、いつの間にかなくなってしまいました。それっきりウェンディーズのフロスティは食べられずにいます。

んんん~。

いくら大好きなウェンディーズがクタにあると言っても、それだけではクタにはどうかなぁ、たぶん行かないと思います。笑

ウェンディーズに行きたい人でたまたまクタに行った人は、ぜひ寄ってみてくださいね。

 

バリ島サヌールで両替をしたときの体験談、台湾台北でおすすめの両替方法、ラオスルアンパバーンでの両替方法を書いたページもあります。「海外旅行へ行きたい!」人の参考になれば嬉しいです。

 

バリ島で両替!サヌールでのびっくり体験とウブド周辺の安心両替情報
2019年7月にバリ島サヌールにある両替所での体験談を紹介。バリ島でも『いかさま』的な両替をするお店があります。悪びれる感じはなく、最後には表示価格で両替をしているお店をすすめる親切な対応?でした。海外旅行でバリ島を計画している人は、ぜひ参考にしてください。

 

【台湾ドル】おすすめしたい両替方法~状況によってベストな方法とは?
台湾での両替事情の下調べをしないで、行ってしまったために、高い手数料を払って両替をするところでした。台湾での両替をお得にしたいと希望している人は、私の真似はしないで、事前に台湾情報の確認をしてください。空港、町中の銀行、お茶屋さんの情報を紹介。

 

【ラオス・ルアンパバーン】両替とATMの注意点と個性あるラオス通貨
実際に、ルアンパバーンでした両替とATMをから現金を引き下ろした時の経験から、気をつけてほしい点をお伝えします。国が変ると、両替やATMの使い方も微妙に違います。また、海外でATMを利用後カードが戻ってこなかったときの体験も載せていますので、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました